日本のインターネット広告費は1兆円を超えてさらに拡大しているところと考えられます。
つまりこれはインターネットがこれからのメディアに大きな役割を果たすということを意味していると考えていいでしょう。
市場はインターネットを主軸にして動いていくという事がこのことからも予想されます。

そして、インターネット市場においては、広告の出し方も大きく進化しているというのも特徴的です。
アドテクノロジーといわれるような広告技術も進化していて、利用者が興味を持つような広告を出すという事も出来るようになってきました。
情報化社会を構築していくのもインターネットが大きく影響していくことになるでしょうし、SNSなども全てネットを利用して使うものとなっています。

これだけ情報がネットに集中していくということは、それだけ多くの人の需要がここにあるということになります。
これまでのメディアでは単に情報が発信されるだけの一方向の情報通信であったものが、ネットになると双方向でのリアルタイムでの情報通信となるので、さまざまなやり取りが出来るようになります。
その有意性というのは、これまでのメディアとは比較にならない情報通信が出来るということになるわけです。
人がそれだけ利用しているという事は、そこに大きな市場が生まれるわけで、これを利用してさまざまなビジネスが可能になります。

情報が価値を持つ時代

情報が価値を持つようになるのがこのネット社会ということになりますから、その情報で何を伝えるのかが問われる時代になったということになるのでしょう。
そして、この情報化社会において鍵となるのが広告です。
この広告がある事によってネットが無料で使えたり低価格で使えたりということが出来ます。
コストがかからなければ利用者が増え、利用者が増えればその中から広告を利用する人も出てくることで、企業の収益になります。
さらに広告を出せるようになるというプラスの好循環が生まれるようになっているのが、このネット社会ともいわれる時代です。
そうなると広告の出し方も問われるようになり、運用型広告やインフィード広告など企業や個人が出したい広告を効率よく出すための効果的な方法も作られるようになってきました。
これまでは広告はある意味ではデタラメに表示されていたわけですが、それすらも効果を考えて最大限に効果を発揮すると考えられるものを表示させるようなことも出来るようになってきたわけです。
そのため、利用者にとっては興味のあるものが表示されやすくなり、ますます広告利用も増えるという好循環をここでも生んでいます。

PCよりもスマホの広告が重要になる

そして、最近顕著になっているのがPCよりもスマホの広告が重要になるという傾向です。
広告費が一兆円を超えたのも、このスマホユーザーが増えたことに起因するといってもいいでしょう。
そうでなければ、PCユーザーだけではまず1兆円を超えるような巨大な市場に拡大することは無かったはずです。
何故ならPCユーザーは自宅に戻らない限りネットを利用することは出来ませんから、ネットを利用する機会というのはかなり限定されてくるからです。

ですがスマホユーザーはいつでもネットを利用することが出来る環境にあるため利用するとなると圧倒的に利用します。
長時間で首が痛くなるほど画面を見ているということも珍しい事ではないのです。
そうなると当然多く利用する人向けの広告が重要になります。
アドテクノロジーを使ってスマホユーザー向けの広告が主体になるのも当然ということになるでしょう。
SNSを利用する人も多いので、こうした人向けの広告も大切になります。

スマホ向けの広告が重要になる

一口にネット広告といってもPCユーザー向けスマホユーザー向けとでは異なります。
何故なら画面で見える範囲が異なるので、同じ広告を出せないのです。
ではどちらが重要になるのかというと、今後はスマホユーザー向けが重要になるのは確実でしょう。
もちろんこちらの広告も運用型広告、インフィード広告でアピールすることが出来るので、こうした広告も使われることになっていくでしょう。
これからのビジネスはこうした広告をいかに効果的に見せるのかということが問われる時代でもあります。

変化する市場

ネットの利用者の特徴として、興味のないものは見ないという事があります。
これは当たり前のようで実は当たり前ではありませんでした。
というのはこれまでは一方向の情報交換だったので、情報の受け手である利用者は情報を選択することが出来なかったわけです。
ですが、ネットは自分が見る情報や獲得する情報を選択できるという特徴があります。
そうなると当然興味のないものは見ないという当たり前の選択をすることになりますから、これによって広告の効果も大きく変わるという事になるわけです。
当然見られないところに広告を出しても意味はありませんから、多くの人が見るところに広告を出していくようになります。
結果として人が集まるところと集まらないところで二極化していくということがこれか起きると考えられます。
このようにどんどんと変化しているのが今の市場です。